2005年09月13日

北京の起業熱

nano_x.jpg





2005年も残すところあと3ヶ月半です。



2005年は北京で少しずつ飲食業の日本人による投資が増えてきました。

最近では大手企業の進出から個人投資家の余剰金投資まで

さまざまな形態での進出が目立ってきています。

企業でいえば、中小規模の企業の進出が拡大し、大規模な企業の進出は一息

ついたように感じられます。(日本企業における進出)



日本の税金対策に中国投資をされる方や

中国市場に挑む方。いろいろおられるようです。



2006年はこの投資も増えると予想しております。

2年後に控えたオリンピックを意識して最低でも2006年には

勝負に出ようと考えているという声をよく耳にします。



今までは上海への投資が主で、

北京はなかなか投資しづらいという感がありましたが、

僕の考えでは現在上海よりも投資的に見ても将来性の

感じられる街だと思います。



もちろん何をやっても成功するわけではないでしょうが、

現在朝陽区、海淀区は起業するにはもってこいではないでしょうか?

2005年もあと少しです。

ここ北京では企業の進出であれば約4ヶ月。

飲食店では最短で2ヶ月ほどで登記を含めて開始することが出来ます。

(もちろん業種によっては難しいものもありますが)



最近たくさんの質問メールが来るようになりました。

北京に対する皆さんの関心の高さを感じています。



そこで今後はこのブログで質問応答をしていきたいと思っています。

気軽にコメント&メール下さい。



早めの回答を心がけます。
posted by Bar Beijing at 13:13| Comment(43) | TrackBack(5) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。