2005年02月24日

もう一発ジョークを

もう一発ジョークを

ある日、アバディーンの広告にこう載っていた。
「○○葬儀社の創業祭。今なら棺桶  が半額。」
その日の夕刊には50人の自殺者が報告されていた。

2人の男が山道で出会った。この時、
2人がウェールズ人なら合唱をはじめ、
2人がアイルランド人なら喧嘩になる。
2人がスコットランド人なら財布を握りしめる。

では、2人がイングランド人なら何も起きない。
なぜなら、イングランド人は人から紹介されるまで口をきかないからだ。

これは、ウェールズ人は歌が好きで、アイルランド人は気が短い。
スコットランド人はケチで、イングランド人は紳士である。
ということを揶揄したジョーク。


posted by Bar Beijing at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BAR店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。